建設リサイクル法について

平成14年5月30日に施行されました建設工事に係る資材の再資源化に関する法律により、次の特定建設資材を用いる対象建設工事について、届出書の提出が義務づけとなりました。

特定建設資材

コンクリート 基礎など
コンクリート及び鉄からなる建設資材 側溝、縁石など
木材 伐根材は、除く
アスファルト・コンクリート 道路仕上材など

対象建設工事

建築物の解体 床面積の合計  80平方メートル以上
建築物の新築・増築 床面積の合計  500平方メートル以上
建築物の修繕・模様替 請負代金の額  1億円以上
建築物以外の解体・土木工事など 請負代金の額  500万円以上


届出様式

届出書 24KB
分別解体等の計画等 48KB
工程表
案内図(位置図)
添付図書(設計図又は現状写真)