国民年金に加入するためには?

以下のような場合には届出が必要です。忘れずに手続きをしましょう。
 

これから20歳になる方は・・・

こんな時に どうするの? 必要なもの
20歳になったら  20歳になった方には、日本年金機構から、国民年金に加入したことをお知らせします。
 ※厚生年金または共済年金に加入している方を除きます。
 ※令和元年10月前に20歳になった方には、国民年金に加入するための手続きの案内を送付していました。
 20歳になってから、概ね2週間以内に年金事務所からお知らせの書類等が送られてきますので確認してください。また、年金手帳は別途送付させていただきますのでご承知ください。
 20歳になってから約2週間が経過しても書類が届かない場合は、国民年金の加入手続きが必要なため、住民登録をしている市町村役場、もしくはお近くの年金事務所でお手続きください。 
 被保険者資格は第1号被保険者です。
 すでに勤めていて、第2号被保険者の方の手続はありません。第2号被保険者に扶養されている妻(夫)は、第3号被保険者となりますので、配偶者の勤務先で手続きをしてください。 
・国民年金資格取得届
・マイナンバーがわかるもの
・印鑑
・本人確認書類
 

現在、会社に勤めている方(第2号被保険者)は・・・

こんな時に どうするの? 必要なもの
会社を辞めたら  退職した日の翌日(厚生年金、共済年金の資格喪失日)から加入します。この日付がわかる書類等を用意して、国民年金係の窓口で手続をします。
 被保険者資格は第2号被保険者から第1号被保険者に変わります。
 退職後、第2号被保険者である配偶者に扶養されることになった場合は、第3号被保険者になりますので、配偶者の勤務先で手続きをしてください。
・基礎年金番号またはマイナンバーがわかるもの
・退職日・資格喪失日のわかる書類等
・印鑑
 

現在、会社に勤めている配偶者(第2号被保険者)に扶養されている方(第3号被保険者)は・・・

こんな時に どうするの? 必要なもの
配偶者が会社を辞めたら  配偶者が退職した日の翌日(厚生年金、共済年金の資格喪失日)から加入します(配偶者が退職することにより、第3号被保険者の資格を喪失するため)。この日付がわかる書類等を用意して、国民年金係の窓口で手続をします。
 被保険者資格は第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。
・基礎年金番号またはマイナンバーがわかるもの
・配偶者の退職日・資格喪失日のわかる書類等
・印鑑
会社に勤めている配偶者が65歳になったら  配偶者が65歳になったとき、ご自身がまだ60歳未満であれば、配偶者が65歳になる誕生日の前日から加入します。(配偶者が継続して勤めていても、その配偶者が65歳に到達することにより、第3号被保険者の資格を喪失するため)。国民年金係の窓口で手続きをします。
 被保険者資格は第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。
・基礎年金番号またはマイナンバーがわかるもの
・印鑑
・配偶者が65歳になったことがわかる書類等 
 

これから60歳になる方は・・・

こんな時に どうするの? 必要なもの
60歳になったら  自動的に国民年金の資格は喪失します。納付期間が足りない、過去の未納分を補いたいという場合は任意加入ができます。※任意加入制度
 60歳到達までに老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済年金に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)65歳になるまで任意加入することができます。(特例として70歳になるまで加入できる場合もあります。)
 保険料の支払いは、原則口座振替です。最初の1年度目だけは、前納に限って納付書を使用することができます。(口座をお持ちでない方は、ご相談ください。)
対象となる方については、国民年金の種類をご参照ください。
・国民年金資格取得
・届書
・印鑑