林地台帳閲覧申請制度について

林地台帳システム閲覧申請制度について

  平成31年4月から新たに林地台帳制度が運用開始となりました。林地台帳は、森林の土地の所有者や林地の
 境界に関する情報などを市町村が整備し、公表するものです。
 

目的

  情報の修正・更新を適切に行うことにより、所有者情報の精度が向上し、森林組合や林業事業体が森林の
 所有者に燗する情報をワンストップで入手でき、効率的な森林整備が行えるようにします。
 

林地台帳の運用

 公表
  申請により、林地台帳及び地図の閲覧(所有者情報除く)ができます。
 
 情報提供
  当該森林の森林又は土地の所有者、隣接する森林の所有者、道内で森林経営計画の認定を受けている者は、
 申出により、所有者情報を含む情報提供を受けることができます。 
 ※隣接する所有者が情報提供を拒否した場合を除く。
 
 修正
  所有者本人は、台帳の情報の修正申出を行うことができます。
 ※林地台帳及び地図は、森林の土地の権利や所有の境界を確定するものではありません。また、森林の土地の
  売買等に係る証明資料として用いることはできません。

 問い合わせ先
  産業振興課林務係  林地台帳制度様式