伐採および伐採後の造林の届出制度について

伐採及び伐採後の造林の届出制度について

森林所有者などが森林の立木を伐採しようとするときは、森林法第10条の8の規定により、あらかじめ
「伐採及び伐採後の造林届出書」を提出しなければなりません。

  こちらもご覧ください。 伐採及び伐採後の造林の届出制度について(北海道)
           http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srk/sinrin/10-8seido.htm
目的
  この伐採計画の事前届出の制度は、伐採の行為の実態を承知することにより、適正な森林施業を確保し、
 森林資源の状況を把握しようとするために設けられているものです。 

届出期間
  伐採をする30日~90日前まで
届出者
  (1)森林所有者(自ら伐採、造林する場合)
  (2)立木を買い受けた方(森林所有者との連名)
届出内容
  森林の所在場所、伐採面積、伐採方法、伐採林齢、伐採後の造林の方法、期間及び樹種などです。
 森林以外への転用(1ha未満)を伴う伐採は、伐採跡地の用途も記載しなければなりません。

林地転用
  1ha以上を森林以外の目的に転用するときは北海道知事の許可が必要です。

届出及び連絡先    産業振興課林務係

  伐採届様式 

  伐採届様式 記入例

  ※ 無届による伐採の場合は、森林法による罰則が適用され、伐採中止命令や伐採後の造林命令を
  行う場合があります。
  また、命令に従わない場合は罰金(100万円以下)が課せられることもありますのでご注意ください。