体位の管理法

体位の管理法

 
  • 傷病者に適した体位を保つことは、呼吸や血液の循環を維持し、苦痛を和らげ、症状の悪化を防ぐのに有効です。
  • 傷病者の希望する、最も楽な体位にして安静を保ちます。
  • 体位を強制してはいけません。
  • 体位を変える場合には、痛みや不安感を与えないようにします。
 
① 仰臥位
  • 背中を下にした水平な体位です。
  • 全身の筋肉などに無理な緊張を与えない自然な姿勢です。
  • 心肺蘇生を行うのに適しています。
② 膝屈曲位
  • 仰臥位で膝を立てた体位です。
  • 腹部の緊張と痛みを和らげる姿勢です。
  • 腹部に外傷を受けた場合や腹痛を訴えた場合に適しています。
③ 腹臥位
  • 腹ばいで、顔を横に向けた体位です。
  • 食べた物を吐いているときや、背中にけがをしているときに適しています。
④ 回復体位
  • 傷病者を横向きに寝かせ、下あごを前に出して気道を確保し、上側の手の甲に傷病者の顔を乗せます。さらに上側の膝を約90度曲げ、後ろに倒れないようにします。
  • 窒息防止に有効で、反応のない傷病者に適しています。
⑤ 半座位
  • 状態を軽く起こした体位です。
  • 胸や呼吸の苦しさを訴えている傷病者に適しています。
  • 頭にけがをしている場合や、脳血管障害の場合に適しています。
⑥ 座位
  • 座った状態でいる体位です。
  • 胸や呼吸の苦しさを訴えている傷病者に適しています。
⑦ ショック体位
  • 仰臥位で足側を高くした体位です。
  • 貧血や、出血性ショックの傷病者に適しています。
  • 頭にけがをしている場合には、適していません。