地域おこし協力隊について

地域おこし協力隊とは
人口の減少や高齢化の進行など地域が抱える課題解決のため、都市地域から町内に移住していただき地域の協力活動を行う「地域おこし協力隊員」によって、地域力の維持・強化を目指すものです。

どのような活動をするの?
地域おこし協力隊は次のような活動を行っています。
1.地域福祉支援に資する活動
2.生活環境支援に資する活動
3.地域社会活動支援に資する活動
4.地域活性化支援に資する活動
5.情報発信に資する活動
6.農林業進行に資する活動
7.特産振興に資する活動
8.商工業振興に資する活動
9.観光振興に資する活動
10.その他町長が必要と認めた活動

 ◆令和元年7月1日から特産振興に資する活動を主として1名の隊員が愛山地区にて奮闘中!◆
活動の状況などは随時、更新していきます。

☆過去の主な活動(平成28年度)
・初心者からのヨガ教室 平成28年4月6日
   協力隊事務所において、「初心者からのヨガ教室」が行われました。
 このヨガ教室は、iha yoga studio(イハ・ヨガスタジオ)の加藤志保さんを講師に招き、基本的な13個のポーズを連続して行う「太陽礼拝」などを学びました。
 参加者から、「体が軽くなり、心もすっきりした」とたいへん好評でした。
・愛山ものづくりフェスvol.3 平成28年7月31日
 愛山ものづくりビレッジ(旧愛山小学校)において、愛山ものづくりフェスが開催されました。
 会場では、愛別町の特産品や野菜などが販売されたほか道内のものづくり作家のお店が並んだ「くらふとアーケード」、愛山のそば粉を使った そば打ち体験やモザイクタイル教室や木できのこの人形を作るものづくり体験教室などいろいろな体験ブースがあり、町内外から300人が訪れ、このイベントを楽しみました。
・ひまわり学級 羊毛フェルト教室 平成28年10月12日
    羊毛フェルトを使用して ライオン・リスなどを制作。
 ハロウィンバージョンの動物ジオラマにして、飾り付けをしました。
・愛ベストバザール 平成28年12月11日
 蔵らにおいて、愛ベストバザールに参加。
 地域おこし協力隊では愛山地区で採れたビーツや黒ニンニク使った饅頭、ビーツスープなど日頃の加工研究のお披露目となりました。
・サンタ大作戦 平成28年12月21・22日
 地域おこし協力隊員がサンタの衣装に扮して、愛山地区の高齢者の家庭を回り、チョコレートとメッセージカードを渡しました。
・バレンタイン大作戦 平成29年2月13日
 隊員の手作りクッキーにメッセージを添えて、愛山地区の高齢者の家庭を回り、皆さんからたいへん喜ばれました。
 

☆地域での生活支援活動
                                                            
高齢者等への見守りサービス
国道39号線
バス停留所草刈り作業
国道39号線
バス停留所雪落とし作業


☆愛別町地域おこし協力隊事務所
 住所 上川郡愛別町字愛山325-1(旧愛山小学校)
 電話 01658-3-4074