日本遺産について

日本遺産認定 『カムイと共に生きる上川アイヌ~大雪山のふところに伝承される神々の世界〜』

平成30年5月24日、愛別町を含む2市10町で申請していたストーリーが日本遺産に認定になりました。
《構成市町村》
上川町、旭川市、富良野市、愛別町、上士幌町、上富良野町、鹿追町、士幌町、新得町、当麻町、東川町、比布町
 

日本遺産とは?

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援する制度で、文化庁が平成27年度から始めました。
2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックまでに、100件程度が認定される予定です。
 

日本遺産認定ストーリー 『カムイと共に生きる上川アイヌ~大雪山のふところに伝承される神々の世界~』

美しく厳しい大雪山のふところに、カムイ~神~を見出し共に生きた“上川アイヌ”。
彼らは激流迸る奇岩の渓谷に魔神と英雄神の戦いの伝説を残し、神々への祈りの場として崇めた上川アイヌの聖地には、クマ笹で葺かれた家などによりコタンを形成し祈りを捧げ続ける。
上川アイヌは「川は山へ溯る生き物」と考え、最上流の大雪山を最も神々の国に近く、自然の恵みをもたらす、カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭~として崇拝してきた。
神々と共に生き、伝承してきた上川アイヌの文化は、この大地に今も息づいている。
 

大雪山麓上川アイヌ日本遺産推進協議会

日本遺産の取り組みを進めるために、2市10町の自治体・観光協会・DMOからなる「大雪山麓上川アイヌ日本遺産推進協議会」を平成30年6月21日に設立しました。
今後、日本遺産推進協議会を中心に、日本遺産専用HPの解説や、PR動画、観光周遊ルートを作成するなど、日本遺産を活用した地域活性化事業を進めるとともに、自らの地域の歴史・文化に親しめるような取り組みを進めていきます。

https://www.daisetsu-kamikawa-ainu.jp/
 

日本遺産ポータルサイト


https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story055/index.html
 

日本遺産に関するお問い合わせは

・総務企画課政策企画室政策企画係  電話6-5111 内線218