おとなの風しん予防接種

 風しんは、軽いかぜ症状ではじまり、発疹、発熱、首のリンパ節の腫れなどが現れる感染症です。発疹も熱も3日ほどで治るので「三日ばしか」とも呼ばれますが、大人になってからかかると一般的に重症になります。また、妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの障がいをもった児が生まれる可能性が高くなります。

おとなの風しん予防接種(定期接種)

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、抗体保有率がほかの世代に比べて低く、風しんの発生・まん延を防ぐことが早急に必要です。そのため、令和4年(2022年)3月31日までの間に限り、風しんに係る定期の予防接種の対象として追加されました。
 なお、令和元年度に発行したクーポン券は、有効期限が令和3年(2021年)3月31日まで延長されることになりました。印字された期限を過ぎていてもご使用いただけますので、そのまま実施医療機関等にご提出ください。
 
対象者 対象は、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性です。

※令和元年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券をお届けしています。
※令和2年度は、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性で、これまでに愛別町からクーポン券を発行していない方にクーポン券をお届けしています。
内容 (1)クーポン券が届きます
(2)抗体検査を受ける実施医療機関を選び、クーポン券を使って抗体検査を受けます
(3)抗体検査の結果、十分な抗体がないと判断された場合、定期接種の対象となります
(4)クーポン券を使って、実施医療機関で定期接種を受けます
料金 無料
持ち物 クーポン券、本人確認書類(運転免許証、被保険者証等の現住所を確認できるもの)
実施場所 ・本事業に参加している全国の医療機関で受診することができます。
・抗体検査は、本事業に参加している医療機関等での職場健診や、特定健診の機会に受けることができます。詳しくは、勤務先(職場健診の方)や愛別町(特定健診の方)にお問い合わせください。
・下記のリンク先から、風しん抗体検査・予防接種実施機関を調べることができます。ご不明な場合は、かかりつけの医療機関にご確認ください。
 風しん抗体検査・予防接種実施機関リスト(厚生労働省ホームページにリンク)


 

おとなの風しん予防接種(任意接種)

愛別町では、風しんの発症や重症化、まん延を防ぐための対策として、予防接種費用を助成しています。
 
対象者 (1)妊娠を予定または希望している女性
(2)妊娠を予定または希望している女性の配偶者および同居者
(3)妊娠している女性の配偶者および同居者
(4)昭和54年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた方
  (定期接種の機会が1回だった世代)
助成額 【国民健康保険愛別町立診療所で予防接種を受けた方】
 接種費用額から500円を差し引いた金額を助成します
【町外の医療機関で予防接種を受けた方】
 接種費用額から2,000円を差し引いた金額を助成します。
申請方法 保健福祉課で助成の申請手続きを行ってください
【申請に必要なもの】 ・医療機関の領収書原本 ・印鑑 ・口座番号がわかるもの

申請書ダウンロード:風しん予防接種費用助成申請書
 

申請・お問い合わせ先
愛別町 保健福祉課保健推進係
☎01658-6-5111(内線143)