子どもの予防接種

予防接種について

子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますが、予防接種で防ぐことができる病気もあります。
予防接種に対する正しい理解のもとで、お子さんの健康にお役立てください。

予防接種の種類と接種スケジュールと接種間隔
 

子どもの定期予防接種

愛別町では、予防接種法で定められた定期予防接種を、体調の良いときに医師と相談しながら受ける個別接種の方法で行っています。
 
定期予防接種
の種類
Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、BCG、四種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)、MR(麻しん風しん)、二種混合、水痘、HPV(子宮頸がん)、日本脳炎、B型肝炎
持っていく物 ①予診票 ②母子健康手帳   ※必ず持参してください
料金 定期予防接種の料金は町が負担しますので、自己負担はありません。
※接種時期を逃すと自己負担が発生する場合がありますので、忘れずに接種しましょう。


予診票について
配布時期 予診票種類 予診票の色
新生児訪問 Hib(ヒブ)・・・・・・・・・・・・・・4回分(全4回)
肺炎球菌・・・・・・・・・・・・・・・・・4回分(全4回)
BCG・・・・・・・・・・・・・・・・・・1回分(全1回)
四種混合・・・・・・・・・・・・・・・・・4回分(全4回)
日本脳炎・・・・・・・・・3回分(全4回中3回目までの分)
B型肝炎・・・・・・・・・・・・・・・・・3回分(全3回)
MR(麻しん風しん)Ⅰ期・・・・1回分(全2回中1回目分)
水痘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2回分(全2回)
若竹色
青色(うす水色)
空色(青色)
黄色(クリーム色)
藤色
うす水色(鼠色)
白茶色
アマリリス
小学校就学前
(6歳)
4月
MR(麻しん風しん)Ⅱ期・・・・1回分(全2回中2回目分) 白茶色
小学3年生時
4月
日本脳炎・・・・・・・・・・・・1回分(全4回中4回目分) 藤色
小学6年生時
4月
二種混合・・・・・・・・・・・・・・・・・1回分(全1回) 若草色
中学1年生時
4月
※ハガキでの通知
HPV(子宮頸がん)・・・・・・・・・・・3回分(全3回)
※子宮頸がん予防ワクチンは女子のみ対象です。
※接種希望の方は保健福祉課保健推進係(☎01658-6-5111〔内線143〕)へお問合わせください。
〔2価〕
オレンジ色
〔4価〕
浅黄色
※日本脳炎予防接種:北海道では平成28年4月より日本脳炎の定期予防接種を行っておりますが、これまで予防接種を差し控えていた時期があり、その方々のための特例措置として20歳になるまでの間、予防接種を受けることができます。生年月日や過去の接種歴により接種時期や接種方法等が異なりますので、詳しくは下記「日本脳炎予防接種の対象者について」をご確認ください。


予防接種実施医療機関
乳幼児等予防接種実施医療機関一覧
子宮頸がん予防ワクチン接種実施医療機関一覧

 

子どもの任意予防接種

任意予防接種(予防接種法に定められた定期予防接種以外のもの)の費用助成を実施しています。
 
任意予防接種の種類 対象となる方 助成上限額
おたふくかぜ 1歳以上7歳未満の方(2回接種) 1回  3,000円
ロタウイルスワクチン
〔1価〕
生後6週から24週までの方(2回接種) 1回  12,000円
ロタウイルスワクチン
〔5価〕
生後6週から32週までの方(3回接種) 1回  8,000円
季節性インフルエンザ 生後6カ月から高校3年生に相当する年齢の方 1年度 5,000円

※1 助成対象者 :接種日、検査日において愛別町内に住所を有する方
※2 助成対象期間:予防接種を受けた日から1年以内

申請に必要なもの
①申請書(保健福祉課にもご用意しています)
②医療機関で料金をお支払になった際の領収書
③印鑑
④口座番号がわかるもの(預金通帳など ※保護者名義のもの)
⑤母子健康手帳(季節性インフルエンザ接種の場合:母子手帳・医療費明細書・予診票控えのいずれかをご持参ください。領収書に予防接種の種類について明記してある場合は持参不要です。)

申請書ダウンロード 子ども任意予防接種費用助成申請書
 
 

特別の理由による予防接種の再接種費用の助成

造血幹細胞移植等の医療行為により、それ以前に受けた定期の予防接種の効果が期待できなくなったと医師に判断された方が、再度任意で予防接種を受ける際にかかる接種費用を助成します。助成を希望する場合は、事前に手続きが必要となります。詳細については保健福祉課保健推進係(☎01658-6-5111〔内線143〕)へお問い合わせください。

対象者
次の全てに該当する方が対象です。
・造血幹細胞移植等により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できなくなったと医師に判断されていること
・再接種を受ける日において、愛別町に住民登録がある20歳未満の方であること
 ※ただし、医師の判断により継続して2回目以降の再接種を必要とする場合に限り、20歳を過ぎても対象とする。
・すでに接種している定期予防接種の接種回数及び接種間隔が、予防接種実施規則の規定から逸脱していないこと

対象となる予防接種
・予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に係る予防接種であること
・使用するワクチンが予防接種実施規則に規定するものであること
※ただし、次の予防接種には年齢上限があります
 【ヒブ感染症】10歳未満、【小児の肺炎球菌感染症】6歳未満、【四種混合】15歳未満、【BCG】4歳未満
 
申請方法
再接種を受ける前に、次の書類を提出してください。
 1愛別町特別の理由による任意の予防接種費用助成対象認定申請書
 2愛別町特別の理由による任意の予防接種に関する意見書
 3母子健康手帳等の造血幹細胞移植等の特別の理由が生じる以前の予防接種歴が確認できるものの写し

申請書ダウンロード
愛別町特別の理由による任意の予防接種費用助成対象認定申請書(様式第1号)
愛別町特別の理由による任意の予防接種に関する意見書(様式第2号)

申請後の流れ
申請内容を審査し、助成対象と認定されるときは、認定通知書によりお知らせします。
認定を受けた方は、医療機関において再接種を実施し、費用をお支払いください。
再接種を受けた後は、速やかに町へ次の書類を提出してください。
※助成金の交付申請期限は再接種日から1年以内です。

 1愛別町特別の理由による任意の予防接種費用助成金交付申請書
 2接種費用に関する領収書等
 3予防接種済証などの接種を受けたことがわかる証明の写し

申請書ダウンロード
愛別町特別の理由による任意の予防接種費用助成金交付申請書(様式第5号)

健康被害が生じた場合の補償について
任意で予防接種を受ける再接種は、予防接種法に規定されている定期予防接種にはあたりません。再接種した予防接種が原因で健康被害が生じた場合は、医薬品医療機器総合機構法による被害救済(医薬品副作用救済制度)の対象となる場合があります。独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)へお問い合わせください。


申請・お問い合わせ先
愛別町 保健福祉課保健推進係
☎01658-6-5111(内線143)