不妊治療について

愛別町不妊治療費助成事業

人工授精などの一般不妊治療と特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の治療費の一部を助成しています。

 

対象者

次の①~⑤まですべてに該当する方
①法律上の夫婦(事実婚は対象外)
②夫婦どちらも愛別町に居住している方
③産科・婦人科・産婦人科・泌尿器科で不妊症と診断され治療を受けた方
④医療保険に加入している方(国民健康保険、協会けんぽなど)
⑤夫婦どちらも町税、使用料等に滞納がない方

 

対象となる治療と助成額 

対象となる治療 助成額
一般不妊治療 タイミング法、排卵誘発法
薬物療法、人工授精など
1年度あたり
上限50,000円
特定不妊治療 体外受精、顕微授精 1回の治療につき
上限150,000円
通算5年間、10回まで
※1年度とは、4月1日~翌年3月31日までの期間です
※夫婦以外の第三者から提供された精子・卵子・胚による不妊治療や代理母・借り腹によるものは助成対象外です
※「北海道特定不妊治療費助成事業」の助成対象者は、助成額を差し引いた額のうち15万円を上限とします
 

助成の手続き

治療終了後、次の①~⑤を持参し、役場保健福祉課保健推進係へ申請してください。
①不妊治療費助成事業申請書
②一般不妊治療費助成事業受診等証明書 または 特定不妊治療費助成事業受診等証明書
③夫婦であることを証明できる書類
④治療にかかる領収書(原本)
⑤夫婦の健康保険証の写し
⑥印鑑


申請書ダウンロード
不妊治療費助成事業申請書
一般不妊治療費助成事業受診等証明書
特定不妊治療費助成事業受診等証明書

申請・お問合せ先
愛別町 保健福祉課保健推進係(役場内)
☎01658-6-5111(内線141・143)