地域密着型サービスについて

介護保険法の一部改正により、平成18年4月1日から地域密着型サービスが創設されました。
地域密着型サービスは、住み慣れた地域を離れずに利用できるなど、利用者のニーズにきめ細かく対応できるサービスで、利用者は原則として愛別町の住民に限定されます。
地域密着型サービス事業所に関する指定等の権限が市町村によるものとなったことにより、各申請や届出の審査・決定、事業者の指導・監査も愛別町が行います。
 

対象サービスとサービス内容

◯小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護
小規模な住居型の施設で、通いを中心としながら訪問、短期間の宿泊などを組み合わせて、食事、入浴などの介護や支援が受けられるサービスです。

◯認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護
認知症の高齢者が、食事、入浴などの介護や支援、機能訓練が日帰りで受けられるサービスです。

◯認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護
認知症の高齢者が共同で生活できる場所で、食事や入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられるサービスです。

◯夜間対応型訪問介護
ヘルパーによる夜間の定期巡回や、緊急時に対応できるように、24時間体制で随時訪問を行うサービスです。

◯地域密着型介護老人福祉施設サービス
つねに介護が必要で自宅では介護ができない方を対象として、定員30人未満の小規模な施設で、食事、入浴などの介護や健康管理が受けられるサービスです。

◯地域密着型特定施設入居者生活介護
定員30人未満の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで食事、入浴などの介護や機能訓練が受けられるサービスです。

※上記のとおり、地域密着型サービスには6種類のサービスがありますが、現在愛別町において利用できるサービスは、グループホーム愛敬(豊里)による認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護のみとなっています。
 

事業所指定等に関する申請書ダウンロード

 

指定申請関連ダウンロード

 

関連要綱ダウンロード